事務所の開設

image_print

新規に宅地建物取引業を開業する場合、事務所を設置することがはじめの一歩

個人の生活部分から独立していること、事務所専用の出入り口があること、壁で間仕切りされていること
同じフロアにほかの法人と同居している場合、他法人と独立した出入り口があること
壁で間仕切りされた独立スペースであること
事務所の形態を整えていること
免許申請には写真を添付することが必要
 ・外観(全体・建物・入り口)
 ・内観(いろんな角度から多数)

Copyright(c) 2013 全日本不動産協会 沖縄県本部 All Rights Reserved.