宅地建物取引士証更新の手続きのご案内

image_print

宅地建物取引士証更新の手続きのご案内

(教材を用いた自宅学習での開催)

当協会では、沖縄県知事より指定を受けて、宅地建物取引士証の更新などに必要な宅地建物取引業法第22条2に規定されている「宅地建物取引士法定講習」を実施しております。

現在お持ちの取引士証の有効期限を確認いただき、下記要領に基づき事前に、受講申込みを行い、法定講習を受講されますようご案内申し上げます。

(なお、更新手続きの案内は、沖縄県宅地建物取引業協会と当協会の2団体から重複して届く場合がございます。他団体が実施する法定講習を受講し、取引士証を更新した方、また申込済の方は受講対象となりませんので、本状と行き違いの場合はご容赦ください。)

★ 今回の講習は、教材の配布による講習となります。(自宅学習)

(新型コロナウイルス感染拡大予防の為)

1.対 象 者
沖縄県知事及び他都道府県知事登録の宅地建物取引士で下記のいずれかに該当する方
  • ■ 取引士証の更新をしようとする方
    (現在お持ちの取引士証の有効期限6ヶ月前より受講できます。)
  • ■ 取引士証の有効期限が切れたため、改めて取引士証の発行を希望する方
  • ■ 宅建試験に合格し、登録後、新たに取引士証の発行を希望する方
    (宅建試験に合格した日から、1年以内の方を除きます。)
2.申込期間
令和3年11月1日(月)~12月10日(金)必着
3.申込み方法
郵送 「現金書留」で下記①~⑤を同封しお申込ください。

<送付先>〒900-0015
那覇市久茂地3-1-1 日本生命那覇ビル9F
(公社)全日本不動産協会沖縄県本部 事務局 連絡先:098-867-6644

【郵送(現金書留)での申込】

  • ①宅地建物取引士法定講習会 受講申込書
  • ②受講料 12,000円
  • ③宅地建物取引士証交付申請書
    ※県証紙4,500円を各銀行にて購入し、必ず貼り付けてください。
  • ④現在お持ちの宅地建物取引士証のコピー ※裏面がある場合は裏面もコピー
  • ⑤カラー写真2枚 (3㎝×2.4cm)
    ※上記のものを、必ず、現金書留にて送付ください。写真が折れないよう、ご留意ください。
4.講習の実施内容
(新型コロナウイルス感染拡大予防として下記の実施方法とさせて頂きます)
 ◆教材の配布による講習の実施(自宅学習)

  • ① 講習申込受付完了者に、令和4年1月17日(月)に教材・学習報告書・効果測定(確認テスト)を発送します。
  • ② ①が届きましたら、教材等をご熟読いただき、学習報告書・効果測定・現在お持ちの宅地建物取引士証を、簡易書留にて令和4年1月31日(月)必着にて送付してください。
  • ③ ②の確認後、申請書の住所に「新宅地建物取引士証」を簡易書留で発送予定です。

<注意事項>

  • ①宅地建物取引士資格登録簿の登録事項(氏名・住所・本籍・勤務先)に変更がある場合は、お申込前に沖縄県建築指導課へ変更の手続きをお済ませください。
    なお、現在宅建業に従事していない方、または従事する予定のない方で、更新を希望されないときは、受講する必要はありません。その場合、宅地建物取引士資格登録は抹消されるという事ではありませんが、更新せずに取引士証の有効期限が満了した場合、速やかに沖縄県建築指導課に返納しなければなりませんのでご注意ください。
    変更届提出先の所在地は、次のとおりです。
  • ■ 沖縄県 土木建築部 建築指導課  那覇市泉崎1-2-2 電話:098-866-2413
  • ②申込後は、原則 受講料、カラー写真の返還はできません。
    ※申込後のキャンセル内容や返還については、事務局までお問い合わせください。
  • ③沖縄県以外の都道府県で登録を受けた宅地建物取引士証をお持ちの方も、受講可能です。免許発行県の「受講許可証」が必要な場合もあります。手続きは、都道府県により異なりますので、お持ちの宅地建物取引士証の都道府県にお問い合わせ下さい。
【県外受講者の申込】 ※必ず現金書留にてお申込ください。

  • ①宅地建物取引士法定講習会 受講申込書
  • ②受講料 12,000円
  • ③免許発行県の宅地建物取引士証交付申請書 ※沖縄県証紙4,500円は不要
  • ④現在お持ちの宅地建物取引士証のコピー ※裏面がある場合は裏面もコピー
  • ⑤カラー写真1枚 (3㎝×2.4cm)
    ※上記のものを、必ず、現金書留にて送付ください。写真が折れないよう、ご留意ください。

以上

© 2013 - 2021 全日本不動産協会 沖縄県本部