全日本不動産協会沖縄県本部

全日本不動産協会沖縄県本部 || 不動産保証協会沖縄県本部

沿革

(公社)全日本不動産協会は、昭和27年6月に「宅地建物取引業法」が公布されたのを機に、同年10月、当時の建設大臣より設立許可を受けた業界最古の歴史を誇る公益法人です。「不動産業は産業の基盤であり、土地や建物の供給および流通は国民生活の根幹をなす」との認識のもと、不動産取引の安全と公正を確保し、その有効利用を促すなど社会への貢献と業界の健全な発展に寄与するよう活動しています。全国組織の(公社)全日本不動産協会には都道府県毎に地方本部があります。その地方本部の一つである(公社)全日本不動産協会沖縄県本部は、平成18年に設立され現在に至っております。

主な業務

  1. 不動産流通機構の近代化及び協業化
  2. 不動産の適正な取引
  3. 不動産に関する知識の普及並びに指導
  4. 不動産に関する調査、研究及び発表
  5. 会員の資質の向上
  6. 宅地建物取引士の講習
  7. 宅地建物取引士資格試験及び不動産コンサルティング技能試験への協力
  8. 関係官公署、諸団体との連絡
  9. 不動産に関する出版物の刊行、講演会及び研修会等の開催
  10. 会員の福利厚生並びに共済制度に関すること
  11. 不動産業者の業務に従事し、又は従事しようとする者に対する講習
  12. 宅地建物取引業に係る暴力追放推進
  13. その他当本部の目的を達成するために必要な事業